筋肉の特性を知り、パーソナルジムでどのようなボディを手に入れるのかイメージしよう

バランスのよい筋肉を付けていくには、どうすればよいのでしょうか?
それには表と裏、両方の筋肉を意識していくことがとても重要になります。

筋肉は関節を守る保護材

体重が重ければ重いほど、関節にかかる負担は大きくなります。
つまり肥満体質の人は、普段から関節に相当な無理をさせていることになります。

関節を守るために重要な役割を果たすのは、何と言っても筋肉です。
筋肉は、いわば関節を負担や怪我から守るための保護材の役割を果たしています。

トレーニング最初のころは、やみくもに理想とするボディラインを追い求めるのではなく、まずは余分な体脂肪を落とすとともに、関節を保護するために必要な筋肉を付けることに意識を向けることが大切です。

注意したいことは、まだ筋肉が十分に発達していないうちから、無理なトレーニングを行うことです。

「マシントレーニングは一定方向にしか筋肉が鍛えられない」からと、いきなりウェイトトレーニングを始めてしまうと、思わぬ弊害を引き起こすこともあります。

偏った情報に左右されるのではなく、きちんと基礎から積み上げていくようにしましょう。

パーソナルジムのトレーニングなら、仮に自分の有する知識や情報にブレがあったとしても、専門のトレーナーがしかるべき方向に矯正した指導を行ってくれるので安心です。

十分な保護材を持っていない関節を怪我や炎症から守るためにも、しっかりと下準備を整えておく必要があります。

トレーニングは「一対」を意識する

「アクション俳優のような割れた腹筋ボディにしたいから、腹筋だけを集中的に鍛える」

一見、合理的なようにも見えますが、この考え方は注意が必要です。

なぜなら、腹筋と背筋、それだけにとどまらず、全身の筋肉はつねに一対の関係性を持って存在しているからです。

双方が支え合って身体の重心を安定させているため、片方だけが極端に発達しすぎてしまうと、皮膚や関節が片方に引っ張られ、アンバランスな身体ができあがってしまいます。

「自分は猫背だから背筋をたくさん鍛えよう」と思って、背筋ばかり鍛えていると、余計に猫背体型になってしまいます。
身体の表の筋肉と裏の筋肉、両方のバランスをうまく保ちながらトレーニングを行うことが大切です。

ただし、トレーニングのしすぎで筋肉が重くなりすぎてしまうと、今度は体脂肪と同じように関節に負担をかけてしまいます。
筋肉がつけば、当然体重も増えます。
まして一部の筋肉だけが不釣り合いに肥大すれば、身体にも悪影響が生じかねません。

「表の筋肉を鍛えたら、同時に裏の筋肉も鍛える」

このようにして、常に筋肉のバランスに注意をはらうことが大切です。